« 2008年10月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年1月

2009年1月10日 (土)

夜泣き (注:夜中ではないけど)

出演

お母さん:アーモンド
お父さん:ピーナッツ
赤ちゃん:くるみ


赤ちゃん:「うえええぇぇぇぇんんん…crying

Yonaki

お母さん 「あらあら、どうしたの?」


 


Yonaki2

お母さん 「よしよし。ねーんねーんころーりーよ~♪」

 

Yonaki3

お母さん 「おとうさんったら、赤ちゃんあやしてくれたっていいじゃないangry

お父さん 「俺だって疲れてるんだよっ」

 


ウチ、こんな感じだったの思い出した…。

世のお父さん、こんなことしていませんか?

もししてたら、たまには「よしよし」してくださいね。


 
そういえば、こやつら
いっつも私の寝床を占領してる。
猫ベッドいっぱいあるのにさっ。

Yonaki4

撮影日:2008年10月

| | コメント (5)

2009年1月 7日 (水)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
今年も、どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

ご無沙汰しておりまして、申し訳ありませんcoldsweats01

お蔭様で、皆元気に過ごしておりました。

くーちゃんは、避妊手術を済ませましたよ♪

Photo

術後、ウチに帰ってきたとき
麻酔が切れてブルブルと震え、抱っこをせがむので抱きっぱなしでした。
元気なく震えるくーちゃん、初めて見る術服に、
家族は戸惑ってしまい、2,3日は付きっ切りでした。
ベッドで寝るのも嫌がってましたので、皆交代で抱っこしてました。
アー君も、ずっと看病してくれてました。
…班長は、シャーしました…。

抜糸する間際まで(10日間ぐらい)、とっても大人しく
そろ~りそろ~りと動いていたので、よっぽど傷が大きく痛いんだなぁ
と、思ってたんですけど、抜糸のときに傷を見たらビックリ!
おヘその辺に、1センチくらいの傷があるだけ。
とってもキレイにくっついてました。

さりどんたちのときは、子宮まで取ったので傷が大きく
術服などないので、太い糸で縫った傷がむき出しでしたので
そのイメージが強かったのでしょうね。
卵巣だけを取った、くーちゃんの傷は傷に見えないくらいでしたcoldsweats01

ま、お腹切って内臓を取ったんですから
具合が悪くなるのは、当たり前ですよね。
でも、くーちゃんの動きが悪かったのは
どうやら、窮屈な術服だったようです。


12月11日はぽんちゃんの命日でした。
未だに思い出しては号泣してます。

今年は「猫返し神社」に初詣がてら、お守りを返しに行きました。
おととしの暮れ、お守りを買うときに号泣したので、また泣くか心配しましたが
とても大勢の参拝客がいたので、大丈夫でしたsmile
インターネットで、大勢の方がお悔やみをしてくださったんだから
もう、泣かないぞ!
たぶんweep


| | コメント (6)

« 2008年10月 | トップページ | 2009年3月 »